ふるさと納税を行なうことで得られるメリットを考える

ピックアップ

地域を活性化させる

ふるさと納税は様々な地域で行われていて、その中からどこを選べばよいか迷ってしまうという人も多くいます。人気の高まりから、得られる商品をランキングなどで紹介したサイトも登場しています。

» readmore

多くのメリットがある

税金を納める上で気になるのがその使い道です。ふるさと納税は自分で納税先を選べるので、税金を無駄なく街づくりに活かしている地域を選択することもできるのです。しっかり納得した上で納められることも、ふるさと納税のメリットの一つです。

» readmore

ふるさとを盛り上げる

ふるさと納税は納税という名前がついていますが、正しくは税金を納めているわけではなく、地域への寄付ということになります。節税対策にも役立つので、活かすためにはよく調べた上で利用することが大切です。

» readmore

寄付金を贈る

メリットとは

「ふるさと納税」には、大きく分けて3つのメリットを感じることが出来ます。1つ目に、税金の控除です。「ふるさと納税」は地方自治体に贈る寄付金の事を指しています。けして、地方自治体に税金を収めるということではありません。寄付金を贈ることにより、住民税などの税金を控除してもらうことが出来ます。2つ目は、寄付金を贈った地方自治体の特産品をお礼の品としてもらえるということです。地方自治体は、寄付金を集める為に、お礼の品で競い合っています。その為、最近では、地方自治体の特色が濃ゆくなっており、ノートパソコンやテレビといった家電製品をお礼の品としてあげている自治体や森林セラピーや温泉入浴チケットをあげている自治体もあります。そして、3つ目に寄付金の使い道を指定することが出来るということです。自治体の税金をどのように使って欲しいか伝えることが出来る機会はお多くはありません。ふるさと納税の機会に、窓口へ伝えてみましょう。

注意点を考える

嬉しいメリットが多い「ふるさと納税」ですが、注意点もいくつかあります。控除や軽減額の見積りをきちんと行なうことです。見積もり額を誤ってしまうと、控除を受けることが出来なくなったり、損した気分を感じてしまうこともあります。また、寄付をしたという証明書の発行を忘れないようにすることが大切です。確定申告時に、証明書の提出が無ければ、税金の控除を受けることが出来ません。発行してもらったあとは、紛失しないように保管しておくことも重要です。

気になる地域でのサービス

最近ではふるさと納税などの制度が登場しているため地域の特産物などを気軽に楽しめる様になっています。現在では地域の特産物だけでなく地域のホテルや旅館などで利用する事が出来る宿泊券やその地域で使用する事が出来る商品券などもあるのでとてもお得な納税制度となっています。また、近年ではふるさと割など、その地域に住んでいる方に向けたサービスなども充実していて地域限定のサービスなどが非常に豊かになっている様です。ふるさと納税は基本的に寄附金の一部が次の年の年金控除対象となるので納税も出来て地域に寄附が出来る一石二鳥の制度となっていますが、ふるさと割の場合は宿泊施設などの料金が直接安くなるので地域で内の旅行の場合は非常にお得に利用出来ます。